このサイトでは、未成年脱毛するためのオススメ方法」をお伝えします!

「どうすれば未成年が脱毛できるの?」を真っ先に知りたい人は、コチラからどうぞ。

サロン・
クリニック
 脱 毛 器 抑毛ローション

 

未成年の脱毛方法について順に知りたい人はコチラからどうぞ。↓

【目次】

■ そもそも未成年でも脱毛できるの?
>● 脱毛契約時に「親の同意書」が必要なのはどんな人?

■サロン・クリニック別の「年齢制限」と「同意書・電話・同伴の必要性」
★ サロン・クリニック別の「親の同意書」対応一覧
>● 「親の同意書」のみでOKの脱毛サロン・クリニックは?
>● 「親の同意書」と、「親への電話確認」が必要の脱毛サロン・クリニックは?
>● 「親の同意書」と、「親の同伴」が必要の脱毛サロン・クリニックは?

■同意書について
>● 同意書は自分で書いてたらバレるの?
>● 同意書はどこでもらえるの?
>● 同意書に書く内容は?

■ そもそも、未成年だからって、なんで「親の同意書」なんて必要なの?

■ 「未成年脱毛」で知っておきたい「親の同意書」に関する注意事項!

>● 追加プランの契約時には改めて「親の同意書」が必要!
>● カウンセリング時点で未成年だと、やはり「親の同意書」は必要!
>● 「親の同意書」は、親権者でないと通用しない。

■ 「親への電話確認」が必要なサロンで気をつけることは?


■ 「親の同伴(同席)」が必要なサロンで気をつけることは?

>● 親が父親しかいない場合
>● 親が遠方に住んでいる場合

■親を説得する方法
■ どうしても親を説得できない!未成年が親の同意書なしで脱毛する方法は?
>● 親の同意書は得られないけど、自分でお金の準備はできる場合
>›○ 1.「親に相談したけど、同意してもらえなかった。」
>›○ 2.「そもそも相談できない。」

■親の同意なしでも脱毛できる方法
■ 未成年でも、お金があるなら「脱毛器」がおすすめ!?未成年でも買える方法は?

>● 親の同意は得られたけど、お金がない場合の対処方法
>● 親の同意は得られなし、お金もないけど、どうしても脱毛したい場合

■P.S.
■ 未成年が脱毛するのは大変だけど、「早くキレいになれること」の見返りは大きい!


■ 未成年のあなたにオススメの脱毛方法のまとめ!

 

■未成年だけど10代のうちに脱毛したい!

ツルツルサラサラのキレいな肌って憧れますよね!

 

  • 自分の肌が、もっとツルツルで、自信が持てるキレイな肌だったら、
  • もっと、可愛いスカート短パンも恥ずかしがらずに履けるのに!
  • キャミソールノースリーブもためらわずに着れるのに!
  • 半袖の裾からが見えても全然気にならないのに!
  • 際どい水着も自信を持って着れるのに!

 

そう思ったことは、ないですか?

 

 

でも、「ムダ毛処理」って大変なんですよね?(^^;

 

・ カミソリで処理すると、チクチクする。

・ 剃っていると逆に濃く見えちゃうし…。

・ ムダ毛自己処理を続けてると、黒ずんでくるっていうし…。

・ でも、処理しないと恥ずかしいし…。

 

特に、好きな人ができたり、彼氏ができたりしたら、

「がっかりされたくない!(>_<)」と思って

より一層気を遣いますよね。

 

 

だから、

できるだけ若い内から脱毛してしまうことがおすすめ

です。

 

なぜなら、早く永久脱毛してしまえば、若い内からずっとキレイな肌でいられますし、

自己処理しなくて良くなるので、肌が荒れなくなり、大人になってからもキレイな肌でいることができます。

 

 

…でも、

『脱毛』って高いんですよね?(^^;)

 

しかも『脱毛』は、普通の買い物と違って、「身体の仕組みを変える特別なこと」だから、特別な「契約」が必要になります。

 

よって、このときに未成年脱毛するには、いくつか「クリアしないと行けない条件」があります。

ここでは、「未成年の脱毛」に関して知っておくべきことをお伝えしていきます。

 

そもそも未成年でも脱毛できるの?

未成年であっても、「脱毛」の施術自体は可能です。

 

未成年が脱毛する歳の流れは次の通りです。

 

① WEB申込
(店舗・日にち・時間を選びます)

② 親の同意書をWeBからプリントアウトして、親に記入してもらう

③ カウンセリングして契約(1時間程度)

 

 

未成年が脱毛する場合に、一般の成人女性が脱毛する場合との違いは、

親の同意書が必要な点です。

 

 

脱毛契約時に「親の同意書」が必要なのはどんな人?

結論から言うと、

身分(学生か社会人か)に関係なく、

年齢が20歳未満の未成年の場合は、

脱毛サロン契約時には「親の同意書」が必要になります。

 

例えば、

・「17歳以下の高校生」 → 親の同意書が必要

・「18歳になった高校生」 → 親の同意書が必要

・「19歳の社会人」 → 親の同意書が必要

・「20歳の学生」 → 親の同意書はなくてもOK!
(*ただし、「学生」でローンを組む場合は、親の同意が必要な場合あり。)

 

 

ここで、

「親の同意書が必要なく脱毛できるサロンってないの??」

と思うかもしれませんが、

親の同意書なしでOKのサロンは基本的にありません。

 

 

むしろ、「未成年でも、親の同意書がなしでもOKの脱毛サロン」は怪しい、と考えた方がいいでしょう。

ものすごく高額だったり、不衛生さや技術のなさのせいで皮膚トラブルのリスクが高かったりします。

 

サロン・クリニック別の「親の同意書」対応一覧

未成年が脱毛する場合に、次のどの対応を取っているかについての、

サロンとクリニックの対応一覧は次の通りです。

 

1.「親の同意書」のみでOKの脱毛サロン・クリニック

2.「親の同意書」と、「親への電話確認」が必要の脱毛サロン・クリニック

3.「親の同意書」と、「親の同伴」が必要の脱毛サロン・クリニック

 

それぞれの対応についてサロンとクリニックをご紹介します。

 

1.「親の同意書」のみでOKの脱毛サロン・クリニック

店名 対象年齢
キレイモ 年齢制限無し
シースリー(C3) 18歳以上
*「月々定額制・後払い制」の場合は、初回来店時に母親同伴が必要
脱毛ラボ 年齢制限無し
ラ・ヴォーグ 16歳以上
アリシアクリニック 16歳以上
ラココ 年齢制限なし
(*中学生以下は電話確認が必要。)

 

「親の同意書」と、「親への電話確認」が必要の脱毛サロン・クリニック

店名 対象年齢
ミュゼプラチナム 16歳以上
TBC 15歳以上
(7~14歳はキッズ脱毛あり)
エピレ *TBCと同じ
(TBC系列なので)

 

 

「親の同意書」と、「親の同伴」が必要の脱毛サロン・クリニック

店名 対象年齢
ジェイエステ 15歳(高校1年生)以上
*中・高校生の場合は保護者の同席が必要
*学生の場合は、20歳以上でも親の同意書が必要
銀座カラー 16歳以上(2回以上生理がきた方)
※全身脱毛は18歳以上
ディオーネ 年齢制限なし
18歳以下:親の同伴必須
19歳以上:親の同意書
リンリン 生理が2回以上来ていること
(*上記満たせば小学生でもOK)
ストラッシュ 年齢制限なし
(未成年は親の同伴必須)
リゼクリニック 15歳以上
(*高校生以下の方は親権者様の同伴が必要)
湘南美容外科クリニック 年齢制限無し
(「同意書+電話確認」or「同伴」)

 

脱毛サロン・脱毛クリニックを選ぶときのポイントは?

脱毛サロンやクリニックって、たくさんありすぎて何が良いのか迷ってしまいますよね?

そんな時に、まず「サロン選びで大切なポイント」は次の2つです。

  • 「脱毛の痛み」
  • 「店舗の近さ」

 

まず「痛み」ですが、これは脱毛では避けて通れないことです。

ただし、脱毛方法によってその「痛みの程度」は変わってきます。

それなら、できるだけ痛みのない方が良いですよね?

 

「痛みの強さ」は次の通りです。

 

よって、『痛みに敏感なら、痛みの少ない脱毛方法を選ぶ』のがポイントです。

 

次に、「近さ」も重要です。

契約した最初の頃は、ワクワクしていたので、ちょっと遠くの都会でも全然退屈せずに通えても、数回も通えば通うのがメンドウになってくるでしょう。

 

だから、『店舗数の多いサロンやクリニックから選ぶ』というのもポイントです。

 

未成年にもっともオススメの脱毛サロン・脱毛クリニックはこの3つ!!

 

「店舗数が多い」と家の近くのサロンと見つけられるし、

店舗数の多い店は大手なので、お得なキャンペーンも実施しています。

よって、初心者にはオススメです。

 

それらを踏まえて、未成年にオススメなのは次の3店です。

ミュゼプラチナム 湘南美容外科 ラココ
181店舗
↑最多!
67店舗
↑医療脱毛
最多!
28店舗
↑SHR脱毛
最多!
S.S.C脱毛 医療脱毛 SHR脱毛

 

10代の女の子に一番オススメのサロンはどこ?

「3店の中でも、どれに行こうか決めきれないよ!」という人もいるでしょう。

そういう風に迷った場合は、「ミュゼ」がおすすめです。

 

なぜななら、「ミュゼ」は、全ての脱毛サロン・脱毛クリニックの中で、もっとも店舗数が多いので、

もっとも家や学校から近いお店を見つけることができるからです。

 

それに、キャンペーン価格もとっても安いです。

「100円でワキとVライン脱毛し放題」は破格です。)

 

とりあえず、「ミュゼ」で脱毛を経験しておいて、「ここ合わないなぁ」と思うことがあれば、他店のカウンセリングも受けてみればいいでしょう。

 

>ミュゼの公式サイトはコチラ。↓

 

 

 

未成年がミュゼで脱毛する際の注意点はコチラ。

>>「未成年がミュゼで脱毛するには親の同意書だけが必要?」

 

ミュゼのメリット・デメリットのまとめはコチラ。

>>「ミュゼのデメリットやペナルティはコチラ。」

 

 

同意書は自分で書いてたらバレるの?

まず、親の同意書」の求められ方については、

脱毛サロンやクリニックによって、大きく分けて次の3パターンがあります。

 

・親の同意書のみでOK

・親の同意書と、カウンセリング当日の親への電話確認が必要

・親の同意書と、カウンセリング当日の親の同伴が必要

 

(>>具体的な各サロンとクリニックの一覧はコチラ)

 

 

脱毛について親の同意が得られない場合、

「自分で書いちゃってもバレずに行けるんじゃないかな?」

と考えるかもしれません。

 

 

確かに、「同意書のみでOKのサロンやクリニック」だと、

筆跡を買えてサインして、印鑑を押せば、自分で親を偽って書いてバレない可能性もあります。

 

しかし、

 

もし万が一「皮膚トラブルが起きた場合」や、

「契約に支障が出た場合(お金を払えないなど)」の対処は、

親権者である親に求められます。

 

脱毛には、「炎症」、「赤み」、「火傷」などの「皮膚トラブル」のリスクが伴います。

よって、契約時にそれらのリスクについての「了承」を取り付けられます。

 

ただし、皮膚トラブルが生じた場合、黙って受け入れしか無いのかというとそうではなく、

「その事故にサロン側の過失はないのか?」を問うことで、

治療費を請求することも可能です。

 

しかし、そのときサロンにクレームを入れられるのは、「契約責任者である親」になる、というわけです。

 

 

また、分割払いなどにして、途中で「お金が支払えなくなった場合」は、親に請求が行きます

(最悪の場合、訴えられる可能性もあります。その場合請求が行くのはあなたの親です。)

 

しかも、脱毛は1~2年間は通う必要があるので、

なんとか最初の契約をうまく切り抜けられたとしても、

脱毛完了までの1~2年間の間、ずっと親バレを心配し続けなくては行けません。

 

それは精神的にもツラいと思いますよ?

 

ですので、できれば、脱毛サロンなど利用して脱毛する場合に、

「親の同意書」を自分で書いてごまかす、というのは止めた方が良い

言えます。

 

 

同意書はどこでもらえるの?

同意書は各サロンのホームページからダウンロードできるようになっています。

 

(*もし、スマホしかなくて、「パソコン」や「印刷するためのプリンター」がない場合は、コンビニでダウンロードできるようにしてあるところもあります。

あるいは、必ずしも公式の同意書を印刷して記入しなくても、同意書と同一の内容で記載した書面であれば、対応してもらえるので、安心して下さい。)

 

同意書に書く内容は?

「同意書」に記入しないと行けない内容は、だいたいどこのサロンも同じで、次の通りです。

 

・契約者名・契約者生年月日

・親権者の住所、氏名、電話番号、続柄(母・父など)

・印鑑

 

 

そもそも、未成年だからって、なんで「親の同意書」なんて必要なの?

脱毛サロン側が、未成年との脱毛契約時に、「親の同意書」を取り付ける理由は2つあります。

 

①皮膚トラブルリスクの事前承諾のため

②費用を踏み倒されないため

 

「①皮膚トラブルリスクの事前承諾」については、

脱毛に伴う火傷などの皮膚トラブルのリスクを事前に承諾さしてもらうためです。

 

脱毛すると、一時的に肌が赤みを帯びたり、痒みが出たりすることがあります。

(火傷まですることは、よっぽどのことでもない限り、ほぼありませんが。)

 

脱毛を進めていく上では、ある程度仕方のないことなのに、そのせいでクレームが来てしまうと、店も潰れてしまうかもしれないので、それを避けるために、「脱毛リスクの事前承諾」を取っているのです。

 

 

「②費用を踏み倒されないため」については、

法律で「未成年が結んだ契約」は、無効にすることができるからです。

 

(つまり、店側からしたら、「未成年は、契約費用を、踏み倒される可能性があるので恐い」、ということです。)

 

よって、「親の同意」によって、契約の保証人を得ているわけです。

 

 

「未成年脱毛」で知っておきたい「親の同意書」に関する注意事項!

追加プランの契約時には改めて必要!

 

未成年の場合は、最初の契約で、「親の同意書」を提出して、脱毛の契約をしていたとしても、

新たに、違う部位や異なるコース申し込む場合には、再度「親の同意書」が必要

なので注意して下さい。

 

 

カウンセリング時点で未成年だと、やはり「親の同意書」は必要!

 

脱毛サロンなどで実施しているキャンペーンなどに間に合わせたくて、20歳の誕生日の前に、カウンセリングを実施しようとする人もいるかもしれません。

 

しかし、その20歳の誕生日の前に、脱毛のカウンセリングをする場合は、「未成年」の扱いになってしまいます。

 

(よって、「親の同意書」が必要になりますので、注意して下さい。)

 

 

「親の同意書」は、親権者でないと通用しない。

 

「“同意書”の記入は、

“親”じゃなくても、

成人している大人であれば、いいんじゃないの?」

 

と思って、

兄姉や、親戚のおじさんおばさん、おじいちゃんおばあちゃんに同意書を書いてもらうと考える人もいるようですが、

 

それではNGです。

 

 

「親の同意書」にサインするのは、あなたの親権者である必要があります。

 

なぜなら、未成年者が契約を結ぶ時に、法的に責任を取れるのは親権者だけだからです。

 

(*ただしもし、あなたにご両親がいなくて叔父や叔母、祖父や祖母があなたの親権者である場合は、その人のサインで構いません。)

 

 

「親への電話確認」が必要なサロンで気をつけることは?

「親の同意書」だけでなく、親への電話確認をするサロンもあります

(これは、同意書だけでは未成年が偽って記入することこも可能だからです。)

 

サロンによって電話の有無のルールが違いますが、高校生以下の場合は「親の同意書+電話確認」が必要になる場合が多いです。

 

また、電話確認は、カウンセリングの最中に行われることが多いので、親が電話に出られるタイミングで、カウンセリングの時間を予約する必要があります。

 

また、この時、

「どこの脱毛をするのかは、親に知られたくない!」

と思っている方もいるでしょう。

 

(特に、VIOの脱毛をしたい場合は、バレたくないですよね?(^^;)

 

 

「親への電話確認」で聞かれる内容は、「コース内容」と「金額」です。

 

つまり、「VIO脱毛コース」などを希望している場合は、脱毛部位まで親に知られてしまいます。

 

(もし、VIOなどの脱毛をしたいけど、それがバレたくない場合は、「脱毛部位が後から選択できる全身脱毛のコース」のあるサロンを選んで、申し込んでおくといいでしょう。)

 

 

「親の同伴(同席)」が必要なサロンで気をつけることは?

サロンによっては、カウンセリング時に親の同伴同席)」も必須としている店もあります

 

(これは、中学生以下の場合は、ほとんどのところが実施していて、高校生に場合でも一部のサロンは実施しています。)

 

親の滞在が必要な時間は、カウンセリングの間なので、長くても1時間程度です。

 

「親の同席」が必要なサロンを選んだ際に注意すべきことは、次の2点です。

 

 

親が父親しかいない場合

 

女性専用の脱毛サロンでは、男性の入店を禁止している店もあります

この時、親が父親しかいない場合は、カウンセリングに同席してもらうことができません。

 

そういった事情がある場合は、事前に店に相談しておきましょう。

 

 

親が遠方に住んでいる場合

親が遠方に住んでいて、どうしても同席できないという場合もあるでしょう。

 

こういった場合も、店側に事前に相談しておきましょう。

そうすれば「親への電話確認」で済む場合もあります。

 

 

どうしても親を説得できない!未成年が親の同意書なしで脱毛する方法は?

「まだ未成年だけど、どうしても脱毛したい!

でも…

親の同意がもらえない。。(;_;)

お金がない。。(;_;)」

 

そういうあなたのために、

未成年が脱毛するための裏ワザ的対処方法について、

ここではコッソリとお教えしたいと思います。

 

 

親の同意書は得られないけど、自分でお金の準備はできる場合

親の同意が得られない場合は、大きく次の2パターンでしょう。

 

1.「親に相談したけど、同意してもらえなかった。」

2.「そもそも相談できない。」

 

それぞれの対処方法を考えて見ましょう。

 

 

1.「親に相談したけど、同意してもらえなかった。」場合はどうする?

ここでは、「どうしたら親を説得できるのか?」のアドバイスしましょう!

 

まず、あなたは、親に反対される時なんと言われましたか?

「脱毛は危ない?(肌が心配。)」

「そんなお金ない?(働くようになってから自分のお金でやりなさい。)」

 

そもそも親が反対する理由は、次の3つと考えられます。

・娘の身体が心配 (安全性の問題)

・お金がない (経済的な問題)

・子供には贅沢と思っている (心理的な問題)

 

(*この中で、お金は自分で準備できるなら、「経済的な問題」はクリアできるでしょう。)

 

あなたのご両親の時代には、まだ「脱毛すること」が一般的ではなく、

「脱毛は、危険が伴い、お金のかかること」

という認識があるのかもしれません。

 

だから、それにちゃんと理解を示してあげつつ、「安全性の問題」と、「心理的な問題」ことをうまく解消してあげなくては行けません。

 

「安全性の問題」に関しては、自分で色々と調べるのも良いかもしれませんが、

「一度、一緒にカウンセリングに行って、説明を一緒に聞いて欲しい」

と頼んでしまうのが早いかもしれません。

 

 

「心理的な問題」に関しては、

まずは、

決して「自分のお金だからいいじゃん」と思わないことです。

 

あなたが未成年だということは、「養ってもらっている」という状態だと思います。

 

生活費を出してもらっているのですから、

ご両親は「あなたの生活費」の分だけ、贅沢を我慢しているとも言えます。

 

だから、その時に大切なことは、

例え「自分で貯めたお金」を使うのであっても、

あくまで「お願いする」というスタンスで、伝えていくことです。

 

 

そして、あなたが主張することは、

「脱毛」は贅沢ではなく、必要なんだ、と伝えていくと、

受け入れてもらいやすいでしょう。

 

脱毛が必要な理由としては、

「ムダ毛の処理がツラい。時間もかかるし、肌も荒れる。

脱毛は、できるだけ早くから始めておかないと、

自己処理を続けていくせいで、大人になってから、肌が黒ずんでいったりもする。」

と主張するといいでしょう。

 

2.「親の同意が得られない」場合はどうする?

「親には相談できない!」という理由は、それぞれあると思います。

 

「VIO脱毛などは恥ずかしくて、親に言えない。」

「片親で、父親なので、相談しにくい。」

「厳しい家庭なので、ダメって言われるに決まっている。」

などなど。

 

ただし、この場合は、

未成年が脱毛サロンや脱毛クリニックに通うには「親の同意書」が必ず必要になるので、

20歳になるのを待つしかないと言えるでしょう。

 

 

さて、

「相談したけど、親の同意が得られない」

または、

「そもそもどうしても親に相談できないので、親の同意が得られない」

ということであれば、

脱毛サロンや脱毛クリニックに通うことは諦めるしかありません。

 

でも、脱毛したいですよね?(^^;)

そこで、次の解決策を考えて見ましょう。

 

未成年でも、お金があるなら「脱毛器」がおすすめ!?未成年でも買える方法は?

 

もし、あなたが、

「お金は、10万円程度なら自分で準備できる。」

というのなら、

「脱毛器を購入する」という手段が、あります。

 

基本的に、「脱毛器」も

「未成年には販売しません」と言っているメーカーがほとんどですが、

実際はサロンほど厳しい年齢チェックはしていないので、

購入することは可能です。

 

ただし、この際は、おそらく未成年のあなたはクレジットカードを持っていない場合が多いと思いますので、ローンは組めずに、「一括購入」となるでしょう。

 

脱毛器の値段は、ものによりますが、

おおよそ5~10万円程度です。

 

「でも、脱毛器って未成年でも買えるの??」

と不安に思うかもしれません。

 

これに関しては、脱毛器メーカーは未成年の購入はおおやけには認めていませんが、

チェックはしていないので購入はできます。

 

(荷物受け取りの際に、身分証の提示などは求められないので安心してください。

その場でお金さえちゃんと払えばOKです。)

 

(*そもそも配達員の方は、荷物の中身が「脱毛器」であることは分かりません。)

 

ただし、未成年が脱毛器を買う際は、ポイントがあります。

それは、購入時に「代金引換(商品を受取る際に、お金を支払う方法)」で購入することです。

 

(*購入時に、支払い方法を選ぶ項目があるので、このとき「代金引換」を選択しましょう。)

 

おすすめの脱毛器ランキングは次の通りです。

 

価格 照射回数 特徴
ケノン 69,800 40万発 日本で一番売れている
レイボーテグランデ 108,000 60万発 もっともハイスペック
2PS(ツーピーエス) 53,800 13.2万発 買い求めやすい

 

この中で脱毛初心者さんにオススメの脱毛器は、

「ケノン」

です。

 

なぜなら、

ケノンは脱毛器の中で、

ダントツでもっとも売れている脱毛器

だからです。

 

(一番、皆に選ばれている脱毛器なので、失敗しない選択と言えるでしょう。)

 

 

ケノンの最安値はコチラでチェックできます。

 


>>「ケノン」の最安値購入はコチラ。

 

 

 

*脱毛器は種類によっては、まったく脱毛器できないものもありますので注意して下さい

例えば、価格1~2万円のものはまず脱毛できないと思った方がいいでしょう。

(恐らくその価格帯の脱毛器は、「電動毛抜き」や「サーミコン」と呼ばれる「除毛器」だからです。)

脱毛効果が見込めるのは、「光脱毛」機能が搭載されているものです。

 

 

親の同意は得られたけど、お金がない場合の対処方法

「親の同意は得られたけど、

『うちにはそんなお金はない』と言われた(;_;)

『自分でお金を貯めてやりなさい』と言われた(;_;)」

 

というパターンもあるでしょう。

 

その場合は、

親を説得して「お金を借りる」しかないです。

 

  • 「バイトして返す」
  • 「勉強を頑張る」
  • 「家の手伝いをする」

などの「誠意」を見せて、

 

  • 「ムダ毛の自己処理がツラい」
  • 「脱毛は早い方が、大人になってからもキレイな肌でいられるから、タイミングは早い方が良い」

と、「熱意」を持って説得して、

「借してもらえる」ように頑張りましょう!

 

「脱毛」の費用は高額です。

(脱毛したい部位にもよりますが、「全身脱毛」ともなると10~20万円近くは軽くかかります。)

 

しかし、分割払いや月額制の支払い方法もありますので、「払えない」ということもないと思います。

 

あとは、あなたの「誠意」と「熱意」次第です。

(応援しています!)

 

または、次に紹介する

「親の同意は得られなし、お金もないけど、どうしても脱毛したい場合」

を参考にしてみて下さい。

 

親の同意は得られなし、お金もないけど、どうしても脱毛したい場合

  • 「親の同意は得られない」
  • 「自分でお金も準備できない」

 

という場合は、

20歳になるのを待ちながら、

自分でお金を貯め続ける

という手段しかありません。

 

しかし、

「本当に毛が濃いのが悩みで、

未成年ても早い内から、脱毛したい!(>_<)」

という方もいるでしょう。

 

そんなあなたにオススメなのは、

抑毛ローション

です。

先に言っておくと、

これは、脱毛サロンやクリニック、脱毛器ほどの「脱毛効果」はありません

 

しかし、配合されている抑毛成分(「大豆エキス」など)の効果によって、

使い続けることで、毛を細くし、毛が伸びてくるスピードを遅くすることができます

 

脱毛が数十万円かかる中で、「抑毛ローション」の価格は1本数千円ほどと安くて、

その上、副作用・リスクはまったくなく、誰でも購入できるので、「脱毛初心者さん」にはもっとも向いていると言えます。

 

おすすめの抑毛ローションは次の通りです。

 

価格 内容量
コントロールジェルME
5,300円 150 g
 超ロングセラー!
(発売から22年!リニューアル8回!)
パイナップル豆乳ローション 2,700円 100 ml
コスパの高い定番品!
(パイナップルエキスが皮膚に入り込み肌を整える)
ネオ豆乳ローション
4104円 200 ml
もっとも高いコスパ!
(男性でヒゲに使う人も多いほどの抑毛効果!)

 

抑毛ローションも種類がいくつかありますが、

使用感の個人差もあるため、

抑毛ローション初心者の場合は、まずは

購入価格の一番安い「パイナップル豆乳ローション」

で、使用感の様子を見ているといいでしょう

 

 

>>「パイナップル豆乳ローション」の最安購入はコチラ。

 

「パイナップル豆乳ローション」は定番の人気抑毛ローションです。

「大豆エキス」と「パイナップル酵素」によって、ムダ毛を抑制し、肌をツルツルに保ちます。

 

未成年が脱毛するのは大変だけど、「早くキレいになれること」の見返りは大きい!

未成年のうちに脱毛することは、

「親の同意書」という面倒な手続が必要だし、

大きな費用がかかることなのでお小遣いで払うには大変だし、

ハードルが高いですよね?

 

親を説得したり、

お金を準備したり、

サロンに通ったりするの自体も大変かもしれないけど、

それだけ頑張る価値はあります

 

脱毛さえしてしまえば、良いことがたくさん待っています。

 

  • 可愛いスカート短パンも気兼ねなく履ける
  • Tシャツノースリーブの袖からワキが見えてもへっちゃら
  • カミソリを手にしながら、「肌荒れの痛み」「肌見せの恥ずかしさ」どちらを取るか悩まなくて良くなる
  • 友達と温泉旅行だってムダ毛を気にせず楽しめる
  • ビキニ系の水着も毛がはみ出すことをためらわず挑戦できる
  • 彼氏ができて、触られることがあっても、彼にがっかりされる心配がなくなる
  • 早めに脱毛できれば、他の子よりも目立って可愛くいられる

 

脱毛は早く始めるほど、「キレイな肌」でいられる青春時代の時間が伸びます。

逆に言えば、「自己処理が減る」分、大人になってから肌が黒ずんだり、荒れたりすることもなくなります。

 

早い内に脱毛してしまうことはメリットでしかなく、

逆に、脱毛に取り組むのが遅くなるのがデメリットでしかないのです。

 

 

あなたにおすすめの未成年脱毛方法のまとめ!

未成年が脱毛するおすすめの方法についてまとめます。

 

未成年のあなたにおすすめの脱毛方法は、あなたの状況によって次の通りに別れます。

 

1.親の同意も得られて、脱毛のお金も出してもらえる。

「脱毛サロン・クリニック」に通うのがオススメ!

2.親の同意は得られないけど、脱毛のお金は自分で準備できる

「脱毛器」をコッソリ購入するのがオススメ!

3.親の同意は得られたけど、お金は出してもらえない。

「抑毛ローション」を買うのがオススメ!

4.親の同意は得られないし、お金もない。

「抑毛ローション」を買うのがオススメ!

 

 

図にすると、こういうイメージ↓です。

 

  お金
×
親の同意 脱毛サロン・クリニック 抑毛ローション
× 脱毛器

 

 

 

脱毛したい未成年にオススメの「脱毛サロン」、「脱毛器」、「抑毛ローション」はそれぞれ次の通りです。

 

脱毛初心者の未成年にオススメの「脱毛サロン」はコチラ。

>>店舗数が最多で、キャンペーン価格が安いので脱毛初心者さんにおすすめの脱毛サロン「ミュゼ」

 

>>脱毛サロン「ミュゼ」の公式サイトはコチラ

 

脱毛初心者の未成年にオススメの「脱毛器」はコチラ。

>>日本でダントツでもっとも多くの人に愛用されている脱毛器「ケノン」がオススメ!


>>「ケノン」の最安値購入はコチラ。

 

 

脱毛初心者の未成年にオススメの「抑毛ローション」はコチラ。

豆乳ローション

>>抑毛だけでなく、肌をキレイに整える効果もある、定番かつ安価の抑毛ローション「パイナップル豆乳ローション」がオススメ!